兵庫県芦屋市のおおば鍼灸院 – 大阪や神戸からのアクセスも便利
芦屋市 おおば鍼灸院

足裏の痛み(足底腱膜炎など)

足の裏の痛みと治療について

足の裏や踵が痛くて立っていられない」「歩くと足の裏の痛みが痛くなる」こういった症状は足底腱膜炎(足底筋膜炎)かもしれません。

  • 踵が刺すように痛い
  • 足の裏(踵)が痛くて立っていられない
  • 歩くのがつらい
  • 土ふまずが痛い
  • 朝起きた時の第一歩がとても痛い
  • だんだん痛みが強くなってきた

これらが足底腱膜炎の典型的な症状です。

レントゲンを撮影すると踵に骨のとげ(骨棘)がみられることもあります。

このような症状はありませんか?

足底腱膜炎とは:足の裏にある「足底腱膜」の炎症で、スポーツや立ち仕事で発症することが多く、朝起きた時にも痛みが強い事も多いです。

スポーツや立ち仕事が原因なのでなかなか治らずに困って来院される方も多いです。

おおば鍼灸院では足の裏の痛みに対して、鍼やお灸を使った効果的な治療を行います。

 

*捻挫が治りきっていないときにも足の痛みが出ることがあります。詳しくは捻挫の後遺症のページをご覧ください。

 

*足の裏(足底)の痛みを引き起こすものとして、他にモートン病などがあります。

モートン病も足底腱膜炎と同じ考え方で治療します。

おおば鍼灸院での足底筋膜炎の治療

鍼灸:よく「足の裏に鍼をするのですか?」と聞かれますが、おおば鍼灸院では足の裏に鍼をすることはありません痛いところ(=足の裏)ではなく、体のコリや重心の位置に

原因があると考えているからです。

そのため、足首の動きや、足のアーチの状態を確認するのはもちろんですが、それ以上に体全体の緊張を確認して全身の調整をしていきます。

 

具体的にはふくらはぎや腰の筋肉(ツボ)の状態を重視します。長引いている痛みの場合は意外な場所(背中や首)のコリが重心の位置を狂わせて足の裏の痛みに影響している事もあります。

足底腱膜炎と関係がある部位

動きや痛い場所からツボをえらび、効果を確認しながら治療していきます。使う「ツボ」の数は3~7程度で刺激も少ないので鍼が初めてな方も安心です。

 

インソール(足からのアプローチ):また、足のアライメント不良(歪み)があると足への負担がかかりがちです。足の検査を行って歪みがある場合は足底腱膜炎の改善に効果のあるインソールをお勧めする事もあります。

「足の裏に棘があると言われた」場合は?

足の裏に棘(骨棘)が出来ていると言われ、手術しないと治らないと思ってしまう事も多いようです。しかし、体の緊張やコリが取れて体がととのうと「骨棘はあるのに足の裏の痛みはなくなる」という事もよくあります。

 

骨棘があっても治療方法自体はほかの足底腱膜炎の治療方法と同じです

 

足の痛みでお困りなら一度、芦屋川・おおば鍼灸院へご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

足の症状でオンライン予約をされる場合は「鍼灸治療(初回)」または

鍼灸治療(二回目以降)」を選択してください。

 

その他の方法(LINEフォーム・電話)の場合は

「症状(「足の痛み」など)、希望の日時(曜日と時間帯の候補をいくつか)」のご記入をお願いします。

例:

お名前

症状:

希望の日時:「5日の午後2時以降5時まで(3時が希望)、もしくは8日の午前中」のように複数の希望をご記入ください。

料金:\6.000-(初回は初診料\2.000-が別途必要です)

 

おおば鍼灸院のLINE友だち追加

  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2022年9月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    • 休診日
  • ご来院地域
    【兵庫県】
    芦屋市 宝塚市 西宮市 加古川市 神戸市(灘区・北区・中央区・須磨区)
    【大阪府】
    大阪市 堺市 茨木市

    京都府 滋賀県 奈良県

  • アクセス
    阪急芦屋川駅から徒歩3分
  • ブログ
    スタッフブログ
  • お気に入り
Twitter